火星を居住可能にし、生き残った火星に人類のための第二の家を建てましょう:グリーンプラネット。


テラフォーミング

火星をテラフォーミングし、敵対的な惑星を人類が居住できるようにします。コロニーの管理中に行う各決定は、大気、温度、水、植生などのテラフォーミングパラメータに影響を与える可能性があり、理想的にはそれらを居住可能なレベルに近づけます。 Planetary Overview UIを使用して、惑星規模で進行状況を監視します。


緑の火星

火星の表面にさまざまな地衣類、草、低木、または木を植えて、それらが赤い惑星を緑に変え始めるのを観察します。地衣類のようなメンテナンスの少ない植物は、土壌の質を改善してより複雑な植物の成長を助け、樹木はコロニーが収穫するための高い種子収量を生み出します。あなたの植物を健康で成長させ続けるためにあなたの土壌の質のレベルを監視することを忘れないでください。


特別プロジェクト

極冠の融解、氷の小惑星の捕獲、宇宙鏡の発射など、7つの挑戦的な特別プロジェクトに取り組み、テラフォーミングパラメータのシフトを開始します。注意してください、これらのプロジェクトは地球に永続的な影響を及ぼし、自然災害を引き起こす可能性があります!


7つのテラフォーミングビル

惑星をテラフォーミングしたり、変化を利用したりするのに役立つ7つの新しい建物を建設します。 GHG工場を使用して温室効果ガスを大気中に放出し、植生植物を使用して植生の生産を促進し、ウォーターポンプを使用して湖底を満たします。


気候災害

惑星のテラフォーミングは、予期しない結果をもたらす可能性があります。温室効果ガスを大気中に放出しすぎると、酸性雨が発生して土壌の質が低下したり、小惑星が惑星に衝突したりすると、火星が発生し、コロニーの生産が妨げられる可能性があります。

最低:

OS: Windows 7 64-bit or newer

プロセッサー: 4th Generation Intel i3 CPU or equivalent

メモリー: 4 GB RAM

グラフィック: HD 4600/Geforce 620/Radeon 6450 or equivalent GPUs with 1 GB of video RAM

ストレージ: 6 GB 利用可能


推奨:

OS: Windows 7 64-bit or newer

プロセッサー: 5th Generation Intel i5 CPU or equivalent

メモリー: 8 GB RAM

グラフィック: Geforce 750 Ti or equivalent with 4GB of video RAM

ストレージ: 6 GB 利用可能


© 2019 Paradox Interactive AB, SURVIVING MARS, and PARADOX INTERACTIVE are trademarks and/or registered trademarks of Paradox Interactive AB in Europe, the U.S., and other countries. Developed by Haemimont Games. All other trademarks, logos, and copyrights are property of their respective owners.


※システム要求仕様は製品版を基準としていて、コンテンツの追加とアップデートによる変更が生じることがあります。予めご了承ください。

■ 日本以外の国家では製品コード(ゲームキー)の登録はできません。

このコンテンツをプレイする為にはSteam版のサバイビング・マーズ本編が必要です。

通常価格 ¥ 2,050
販売価格 ¥ 1,980 (税込)
発売日 2019-05-17
ジャンル ストラテジー
パブリッシャー Paradox Interactive
開発 Haemimont Games
プラットフォーム Steam
言語 英語
コントローラー対応 対応