《アラハ:イウン島の呪い》は、一人で廃病院に入り、姉を探し出そうとする少年の視点でプレイするサバイバルホラーゲームです。
廃病院から始まり、シャーマンの寺院や端山の共同墓地に至るまで――島中を彷徨う悪霊たちから逃れ、この呪われた島に隠された秘密を明かし、姉を探し出してください!



「姉を見つけるんだ!」

過去に亡くなった姉の遺体を探すため、17歳の主人公は離れ小島にある廃屋と化した病院に足を踏み入れる。
イウン島。多くの人が消え、数日後には遺体となって帰ってくるこの島を、現地の人々は「この世の地獄」と呼んでいた。そして俗説やまことしやかな噂は、この島から絶えなかった。

プレイヤーは妹を失った主人公を操作し、懐中電灯のみを頼りにこの島を探索する。あなたは恐怖が渦巻くこの地を探索し、姉を見つけ出すことが出来るだろうか?

あなたの限界が、このゲームで試される。



• 《アラハ:イウン島の呪い》では、多数の霊や魂が登場します。彼らは「悪霊」または「霊家」と呼ばれる存在で、それぞれ異なる特徴を持ちます。悪霊たちから逃れるため、時には、後ろを振り向くことなるただ走しり続けたり、息をひそめて身を隠さなければなりません。
• このゲームの世界観は、韓国の伝統シャーマニズムをベースにしたもの。韓国のシャーマンが主な人物となり、呪われた島であるイウン島の秘密を案内してくれるでしょう。
• ゲームの流れに沿って、あなたには廃病院、寺院、共同墓地などの様々なマップを駆け回っていただきます。怪しげなオブジェクトを調査したり、道具を使って問題を解決したり…時にはパズルを解きながら、ミッションを行っていきます。
• ゲームをする度に、アイテムの場所が変わったり、悪霊の出現時間や移動方向が変わってきますので、そう簡単にはいかないかもしれません。そのため、極限の恐怖を味わうことができます。

最低:
OS: Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 (64-bit)
プロセッサー: Intel Core i5
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA® GeForce® GTX 660 & AMD or better
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 5 GB 利用可能

推奨:
OS: Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 (64-bit)
プロセッサー: Intel Core i7
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX1060 & AMD or better
DirectX: Version 9.0
ストレージ: 5 GB 利用可能

Developed by Palmsoft. © 2019 Published by Palmsoft. All rights reserved.


※システム要求仕様は製品版を基準としていて、コンテンツの追加とアップデートによる変更が生じることがあります。予めご了承ください。

通常価格 ¥ 1,640
販売価格 ¥ 1,490 (税込)
発売日 2020-01-06
ジャンル アドベンチャー
パブリッシャー Palmsoft
開発 Palmsoft
プラットフォーム Steam
言語 日本語
コントローラー対応 対応