『Six Days in Fallujah』は、あなたと3人のプレイヤーが、現実の戦術が要求される市街戦に身を投じる一人称視点のタクティカル・シューティングゲームです。

第2次ファルージャの戦いに従軍した100人以上の海兵隊員や兵士の協力を得て制作された本作は、実際に繰り広げられた市街戦そのものである。

3つの新ミッションを追加

4人協力プレイ

緊密に!チームワークは不可欠。AIの敵はあなたをつけ回し、側面から待ち伏せし、トンネルを潜り抜け、罠に誘い込み、第2次ファルージャの戦いを半世紀で最も血なまぐさい戦いの一つにしたのと同じ戦術をあなたに使ってきます。

手続き型アーキテクチャ

シックス・デイズ』では、ミッションを開始するたびに、建物の内外が変化し、敵が新たな位置を取り、ユニークな脅威が出現する。実際の戦闘のように、何が起こるかわからないのだ。

360度の戦場

ここには「黄金の道」は存在しない。屋根に登ったり、木の板を渡ったり、ドアを蹴破ったり、窓をくぐったり。選択肢はあなた次第。そして、その結末も。

ロードマップ

アーリーアクセスでは現在、昼夜を問わず、さまざまな気象条件の下で行われる7つの全人類参加型タクティカルCo-opミッションが用意されている。

2024年の半ばには、AIファイアチームのコントロールも可能になる予定です。その後、さらにミッションを追加し、民間人を登場させ、現地にいたアメリカ人とイラク人のナレーションによる実話をもとにしたシングルプレイヤー・ストーリー・キャンペーンを開始する予定だ。

第二次ファルージャの戦い

2004年春、イラクのアル・カイダはファルージャ市を掌握し、そこを拠点として地元住民を残虐に扱い、地域全域にテロ攻撃を仕掛けた。その6ヵ月後、イラクの首相は市民にファルージャからの退去を命じ、イラク軍、アメリカ軍、イギリス軍が共同でファルージャを奪還することになった。わずか6日間で、第二次ファルージャの戦いは、半世紀で世界で最も血なまぐさい戦いのひとつとなった。

最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 10
プロセッサー: Intel i5 7th generation or AMD Ryzen 5-2600
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: Nvidia GTX 1060 or AMD 580
DirectX: Version 12
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 22 GB の空き容量
サウンドカード: Direct-X compatible

推奨:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 11
プロセッサー: Intel i7-8700 or AMD Ryzen 7-2700x
メモリー: 12 GB RAM
グラフィック: Nvidia RTX 2070 or AMD RX-5700XT
DirectX: Version 12
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 22 GB の空き容量
サウンドカード: Direct-X compatible

Copyright 2024 Victura, Inc. Six Days, Six Days in Fallujah, Victura, and Highwire Games are trademarks of Victura, Inc.

※システム要求仕様は製品版を基準としていて、コンテンツの追加とアップデートによる変更が生じることがあります。予めご了承ください。

■ この早期アクセスゲームは不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。
通常価格 ¥ 4,500
販売価格 ¥ 4,500 (税込)
発売日 2023-06-22
ジャンル FPS/TPS
パブリッシャー Victura
開発 Highwire Games
プラットフォーム Steam
言語 英語
コントローラー対応 対応